退去する前に現状回復を依頼|費用の負担を減らすために

リフォーム

退去時のトラブル対策

原状回復工事による金銭的なトラブルは少なくありません。賃貸を運営するオーナーは原状回復工事を行う業者を指定しているため、費用が高くなってしまう場合もあります。負担の大きい費用を請求された場合は、対策を行っていくことで、指定業者の変更や減額が認められる場合もあるのです。

設計

入居時の状態に戻す

居住物件が引き払われる際には、原状回復を行う必要があります。入居前の状態に戻すことになりますが、その費用は貸主が負担するということが判例で示されています。一方、店舗や事務所として使用された物件の場合は、大幅に内装を変更されている可能性が高いため、借主が費用を負担することが義務付けられています。

退去時の修繕

空室

費用負担を減らすため

借りた物を汚した場合や壊した場合には、弁償することが一般的となっています。それと同じで賃貸住宅も、大きな汚れや傷をつけてしまった場合には、借主が費用を負担して修繕する必要があります。これが現状回復で、通常は退去する前に借主がある程度は自力で行います。水回りのカビや油汚れを、強力な洗剤で取り除いたり、壁の傷をパテで埋めて目立ちにくくしたりといった具合です。しかし除去できないほど頑固な汚れがついている場合や、傷が大きい場合、壁紙が大きく破れている場合などは、借主個人での現状回復は困難です。このような場合の現状回復は、貸主が専門業者に依頼して行うことになります。その費用は、賃貸住宅の入居時に貸主に預けておいた敷金から支払われるので、結局は借主が負担するわけです。そのため賃貸住宅では、現状回復における負担を少なくするために、汚れや傷をつけないよう気をつけて生活することが肝心とされています。そうすれば、退去時に自力で苦労して修繕せずに済みますし、貸主からは多くの敷金が返金されるのです。また、借主が料金の安い業者を探して、現状回復を依頼することも可能となっています。そうすることで、貸主が選んだ業者が現状回復を行った場合よりも、安く済む可能性が高くなるのです。ただし、施工までに賃貸住宅から全ての荷物を運び出す必要がありますし、なおかつ作業が退去日までに完了するように、しっかりとスケジューリングをしておくことが大事です。

リフォーム

賃貸のトラブル防止対策

賃貸契約の原状復帰は国土交通省のガイドラインに沿って判断され借主の責任の所在が明確にされています。近年では契約時に貸主が借主と一緒に部屋の汚れや設備の不具合をチェックし書面に残すことが義務付けられています。これは、退去時の原状復帰トラブルを未然に防ぐ目的で行われています。