退去する前に現状回復を依頼|費用の負担を減らすために

賃貸のトラブル防止対策

リフォーム

退去時のトラブルを防ぐ

賃貸契約で多いトラブルの1つに原状復帰問題があります。原状復帰とは一般的には原状回復と呼ばれており同じ意味で使われています。原状復帰は原状回復と同じように借りた当初の状態に戻すという意味ではありません。以前は、借主の責任の範囲があいまいだったため、借主と貸主のトラブルが絶えませんでした。そこで、国土交通省では賃貸契約における原状回復のガイドラインを設け、責任の範囲を明確にしました。ガイドラインによれば借主がきちんと管理をしなかったために付いた汚れや傷については責任を負うとなっています。つまり、経年劣化による壁紙の汚れや畳の傷み、設備の不具合については借主の責任とはならないといっています。経年劣化よる傷みや不具合は、毎月支払う家賃の中から減価償却費として引かれており、通常通りに生活している分には原状復帰の費用を支払う必要はありません。借主の責任となるのは清掃などを怠ったためにひどい汚れやカビが残った場合です。例えば、窓際の結露をきれいに拭き取らないとカビが発生してしまいます。これは、借主が管理を怠ったと判断され、壁紙の張替え費用を管理会社から請求されます。窓ガラスを割ったり、壁に穴をあけて棚を作ったりすると原状復帰の責任を問われることになります。近年では契約時に不動産会社から借主にチェックシートが渡されます。これは、部屋の汚れや設備の不具合を借主がチェックするもので、退去時の原状復帰トラブルを未然に防ぐ目的で行われています。