退去する前に現状回復を依頼|費用の負担を減らすために

入居時の状態に戻す

設計

費用相場と行うときの注意

原状回復とは、賃貸借していた物件を借りた当初の状態に戻すことです。事務所や店舗を借りていたときは、内装や設備をすべて解体、撤去し、スケルトンの状態に戻すことを指します。居住目的の賃貸物件の場合は、原状回復費用は貸し主負担で行うということが判例で示されています。居住目的である場合は内装を大幅に変えることはほとんどなく、次の借り主に備えて費用をかけるのは貸し主の当然の義務であるとされているためです。ですが、店舗や事務所として使った場合、多くは内装や設備を大きく変えているため、貸し主負担では貸し主の負担が大きくなりすぎてしまいます。そのため、借り主が原状回復工事まで行って返すのがルールとなっています。原状回復工事の費用相場は、使用目的や土地柄によって変わります。事務所使用であれば一坪あたり30000円から50000円、店舗利用であれば一坪あたり50000円から100000円が相場です。ですが、地方にいけばやや安くなり、都市部に行けばやや高くなる傾向にあります。原状回復工事を行うときは、借り主が工事業者を探して工事を依頼することになるため、貸し主の求める原状回復レベルに達せずにトラブルになることがあります。とはいえ、高額な費用をかけるのは借り主としては避けたいことなので、あらかじめどのレベルまで回復させればよいのかを明確にしておくことが大切です。その上で、相見積もりをとり、業者と交渉を行って費用を節約するようにするとよいでしょう。