退去する前に現状回復を依頼|費用の負担を減らすために

退去時のトラブル対策

リフォーム

費用を高く請求されたら

賃貸物件を退去するときに発生するのが原状回復工事です。原状回復工事は次の入居者を迎えるときに必要な環境を整えなければならず、このときにかかる費用は退去する側に請求されます。しかし、原状回復工事を行う業者によっては費用がかなり掛かる場合も多く、それによってトラブルが起きてしまうことも少なくありません。こういったトラブルを防ぐためには、オーナー側が契約する指定業者を変更してもらうか、話し合いをするかで現状が変わります。原状回復工事は、オーナー側が指定している場合がほとんどです。それは信頼できる業者へお任せしているため、なかなか業者変更ができないのが現実です。けれども、独占状態になっていることは競争相手がおらず、費用を好きなだけ請求できるところもあります。退去する側にとっては原状回復工事の費用は大きな負担となってしまうので、受け入れがたいものとなります。万が一納得できない費用が請求されたときは、オーナーに直接話し合うことも必要です。そのときに他の業者へ見積もりをお願いしていいか確認したり、それが無理なら減額を要求してみるのもいいでしょう。これら2通りの方法が許されない場合は、第三者に仲介役として話を進めてもらう方法もあります。原状回復工事のトラブルに対応したサービスがあるので、そこへ相談をすればオーナーに代理交渉をしてくれます。こうしたサービスは、原状回復工事に関するトラブルを幅広く扱っているため、交渉テクニックや法律に関して幅広い知識を持っています。とても頼りになる存在となるので、困っている場合は相談してみるのが一番です。